新テクノロジー - Sputnik 日本
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

星間空間と太陽圏との境界の謎に迫る 探査機「ボイジャー2号」

© AP Photo / HOボイジャー2号
ボイジャー2号 - Sputnik 日本
米国航空宇宙局(NASA)の無人探査機ボイジャー2号が2018年太陽系を離脱した際の観測データをまとめた論文が、5日、英科学誌ネーチャー・アストロノミーに発表された。

1977年、ボイジャー2号は、太陽系外惑星を調査する目的で探査機ボイジャー1号とともに打ち上げられた。

​NASAによると、ボイジャー2号から送られたデータを分析したところ、太陽から放出される粒子の密度が減少する一方、太陽系外から発せられる粒子が増加したことがわかった。

ブラックホール(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
突然の目覚め 天の川中心にブラックホール 天文学者らの研究は間に合うのか
これにより、ボイジャー2号が太陽系を離れて星間空間に突入したことが確認された。

NASAはこれから、7年前に太陽系を出たボイジャー1号からの観測データとも比較して、ボイジャー2号は星間空間と太陽圏との境界について詳しく調査するという。

ボイジャー1号と2号は5年以内に電力が尽き、送信が途絶える見通しだ。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала