米軍F16戦闘機 訓練場の外に模擬弾落下させる=青森

6日夜、米軍のF16戦闘機が青森県の訓練場の外に模擬弾を落下させた。日本の防衛省は地元に連絡するとともに詳しい状況の確認を進めている。NHKが報じた。

米国軍事部隊 - Sputnik 日本
米国、インド太平洋地域における軍事プレゼンス拡大の方針
防衛省によれば、現地時間で6日午後6時半ごろ、青森県の三沢市と六ヶ所村にまたがる「三沢対地射爆撃場」の周辺で、三沢米軍基地所属のF16戦闘機が誘導弾を落下させたと米国側から連絡があった。

米国側の説明では、落下したのは「模擬弾」で、爆発のおそれはない。その後、射爆撃場の外の六ヶ所村の民有地で見つかった模様。民間人への被害情報は確認されていない。

また、在日米軍司令部は7日のツイッターで「水曜日の夜、三沢基地のF16が訓練中に射爆撃場から5キロの場所で部品を落下させた。事故の原因は調査中で、在日米軍は合意にしたがってけさ日本政府に通知した」というコメントを発表した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала