福島第1原発の処理水放出による住民の被ばく線量は「十分に小さい」

© AFP 2022 / Kimimasa Mayama/PoolВид на АЭС "Фукусима"
Вид на АЭС Фукусима - Sputnik 日本
18日、福島第1原子力発電所の処理水の処分方法を検討する日本政府の小委員会が開かれ、経済産業省は、海洋や大気に放出した場合に住民が被ばくする放射線量は「十分に小さい」との評価結果を発表した。共同通信が報じた。

共同通信が経済産業省の発表を引用して報じたところによると、現在保管中の処理水を1年間で全て海洋放出した場合、住民の被ばく線量は約0.052~0.62マイクロシーベルト、大気放出の場合は約1.3マイクロシーベルトだという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала