3本の角を持つシカの写真 ネット上に登場

米ミシガン州のスティーブン・リンドバークさんは、3本の角を持つ珍しいシカをカメラに収めた。家のまわりを散歩している時に偶然このシカに出会ったのだ。米日刊紙「ワシントン・ポスト」が報じた。

リンドバークさんの話によると、シカはカメラを怖がっておらず、ポーズまでとってくれた。その時近くに寝そべっていたダマジカに自分の存在を示そうとしていたのだ。リンドバークさんは、カメラと携帯電話を使って数十枚の写真を撮った。しかし、リンドバークさんが家に戻る途中で写真を見るまでシカに3本の角があったことに気がつかなかったという。

​リンドバークさんは自分のフェイスブックに珍しいシカの写真を投稿したところ、瞬時に数百の「いいね」やコメントが書き込まれた。

獣医のスティーブ・エドワードさんによると、3本の角をもつシカは100万頭に1頭しかいない。そこで偶然に希少種のシカを撮ったリンドバークさんは、狩猟期間である今、この動物の命が危険にさらされないように、どこでそのシカと遭遇したのか秘密にしておくことにした。

最近、ベトナムではまた別の珍しいシカが発見された。マメジカは世界で最小のシカで、ほぼ30年もの間絶滅したと思われていた。

関連記事

魔法みたい 碧眼のアルビノ鹿が米公園で目撃される 【動画】

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала