宝くじが大当たりの女性、自分と姉妹の豊胸に使用

© AFP 2022 / MIGUEL MEDINA形成外科学
形成外科学 - Sputnik 日本
英国タイン・アンド・ウィア州ウィットレイ・ベイ在住の女性が宝くじで300万ポンド(4億2243万円)を当て、賞金の一部を自分と2人の姉妹の豊胸のために使った。「ザ・ミラー」紙が報じた。

賞金を受け取った後、36歳のサラ・クッキングスさんは約1万ポンド(140万8100円)を自分の2人の姉妹であるエマさん(37)とアレックスさん(32)の豊胸手術に使った。その2年後に今度は自分も豊胸手術を行った。現在、通りで彼女に出会った人たちは「これがあの宝くじの胸ですか?」と尋ねてくるという。

またサラさんは両親のために家と自動車(ミニクーパーとレンジローバー・スポーツ)も購入した。

このほかにもサラさんは、彼女の母親が自分の娘が卒業した学校の写真でマントルピースを飾ることを望んだことから大学の改修を行った。サラさんは自分の6歳の長男に、母親が宝くじで大当たりをしたことをすべて語ったという。サラさんは、家や自動車を購入したにも関わらず、ごく普通の生活を送り、無駄遣いはしていないと強調した。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала