NATO同盟国 2024年までに軍事費4千億ドル増額=ストルテンベルグ事務総長

© REUTERS / Inquam Photos/Octav GaneaNATOのストルテンベルグ事務総長
NATOのストルテンベルグ事務総長 - Sputnik 日本
29日、NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は記者団に対し、 2024年までにNATO同盟国で増額される軍事費の総額は4千億ドル(約43兆8千億円)となり、これは「かつてない進歩」だと語った。

 ロンドンでのNATO首脳会談を前に、ストルテンベルグ事務総長は、今年、欧州連合とカナダの防衛費が実績で4.6%の増額となったと語った。同氏によれば、こうした支出増は5年連続だという。

岩屋毅防衛相 - Sputnik 日本
日本は米軍に基地を供与し、駐留軍経費も米国の同盟国の中で最も高い割合で負担している=岩屋防衛相
またストルテンベルグ事務総長は、2020年末までに2016年との比較で同盟各国の支出はさらに1300億ドル(約14兆2300億円)になる予定だと述べた。2024年末までの総合的な防衛の支出増加額は2016年との比較で4千億ドルとなる。

ストルテンベルグ事務総長は、「これはかつてない進歩であり、このことがNATOをより強固にする」と強調。さらに、今年すでに9同盟国がGDPに対し防衛費が2%に達したと語った。また、同盟国の多くは2024年までにこの指数を達成させる予定だという。


ロシア外務省は、NATO加盟国の軍事費はロシアの22倍超であると強調した。

またロシア国防省はロシアが防衛費を削減している理由について説明した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала