米国防総省 新型極超音速ミサイルに約10億ドルを予算化

© 写真 : US Air Force極超音速ミサイルAGM-183A
極超音速ミサイルAGM-183A - Sputnik 日本
米ロッキード・マーティン社は米空軍用の新型極超音速ミサイル「アロー」開発のため9億8880万ドル超(約1074億円)を受け取った。米国防総省が発表した。

開発はフロリダ州オーランドで行われ、予定では2022年12月31日までに完了する。

Multi-purpose fighter MiG-31 with the hypersonic Kinzhal rocket on the military parade devoted to the 73rd anniversary of the victory in the Great Patriotic War of 1941-1945 - Sputnik 日本
米国で、同国とロシアの超音速兵器が比較される
マーティン社はミサイル開発プロジェクトを担当し、テストの実施と量産準備を行う。

7月に米空軍は極超音速ミサイル「アロー」のプロトタイプの初飛行テストを成功させた。

ロッキード・マーティン社は2018年より他社と共同で空対地ミサイルクラスの戦術的極超音速ミサイル「アロー」の開発を行っている。この開発には4億8千万ドル(約521億円)が予算化された。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала