米軍の照明弾か 民家付近に落下 沖縄・金武町

© AFP 2022 / Toru Yamanaka沖縄(アーカイブ)
沖縄(アーカイブ) - Sputnik 日本
5日午後6時頃、沖縄本島北部の金武町伊芸の畑に米軍の照明弾とみられる物が落ちたと住民らから町に連絡があった。町は職員を派遣し調べているが、これまでのところけが人は確認されていない。沖縄県警石川署も調査を行っており、落下したのはパラシュート付きの照明弾で米軍のものとみられる。金武町伊芸の民間地で長さ10センチほどの筒状の照明弾のようなものが見つかった。

落下現場はもっとも近い民家から約50メートル、米軍キャンプ・ ハンセンの都市型戦闘訓練施設があるレンジ4から直線距離で約4 00メートルの位置にある。

米軍は2日から8日にかけ、キャンプ・ハンセン内のレンジ4など で演習を行うと通報していた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала