3冠統一戦で前王者のジョシュアが判定勝ち 屈辱を晴らす【写真】

© AFP 2022 / FAYEZ NURELDINE

 - Sputnik 日本
ボクシングのヘビー級3冠統一戦がサウジアラビアのディルイーヤで行われた。WBAスーパー、IBF、WBO王者のアンディ・ルイスJr.と前王者のアンソニー・ジョシュアが戦い、試合は12ラウンドまで続いた。結果、前王者のジョシュアが判定3-0で勝利した。この一戦でジョシュアは屈辱を晴らし、2度の世界王者となった。

ルイスJr.は前回より7.1キロ増の128.6キロ、ジョシュアは4.8キロ減の107.05キロでこの一戦に臨んだ。

​2019年6月1日、ニューヨークで行なわれた両者によるタイトルマッチは番狂わせとなった。22戦無敗の3団体統一王者でアメリカ初進出のジョシュアに対し下馬評のルイスは猛烈な左右のラッシュで、計4度のダウンを奪い7回TKO勝利した。

メキシコ系初の世界ヘビー級王者として称賛されたルイスに対し、23戦目にして初黒星を喫したジョシュアには批判が寄せられていた。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала