モスクワの前市長、ユーリー・ルシコフ氏(83)が死去

© Sputnik / Aexandr Wilf / フォトバンクに移行ユーリー・ルシコフ氏
ユーリー・ルシコフ氏 - Sputnik 日本
モスクワ市長を18年間にわたって務めたユーリー・ルシコフ氏が83歳で死去した。ルシコフ氏の近親者内の消息筋からの情報をロシアのマスコミとSNSが引用し、報じている。ルシコフ氏は政治家の中でも最も知名度が高い存在に数えられる。トレードマークは同氏が欠かさず被っていたハンチング帽。テニスをこよなく愛し、ハチミツの生産を精力的に行っていたことはロシア全土に知られている。

ルシコフ氏は政治家としての手腕に長け、化学博士号も取得し、文筆活動を行う傍ら、執筆も行っていた。 2010年に市長の座を現市長のセルゲイ・ソビャニン氏に追われている。妻のエレーナ・バトゥーリナ氏は最も裕福なロシア人女性番付で幾度も1位を占めている。

ルシコフ氏は欧州で暮らしていた。複数の消息筋によればルシコフ氏はミュンヘンで心臓の手術を受けていた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала