日本 F2戦闘機の後継 開発費100億円超を計上へ

日本の防衛省はF2戦闘機の後継機の開発費として100億円超を 2020年度予算に計上する方向で財務省とのつめの調整にはいった。NHKが報じた。

航空自衛隊のF2戦闘機は2020年から配備され、2030年代 から退役する。 その後継機について日本政府は米英との共同開発を模索している。 朝日新聞の報道によれば、 河野防衛相は機体やシステムの主要部分を含め、独自開発の割合を 50%にして日本の主導を確保していく意向を示している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала