新テクノロジー - Sputnik 日本
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

脳卒中と梗塞の予防にはニンニク 研究であきらかに 

CC0 / / にんにく
にんにく - Sputnik 日本
ロシアのプレハーノフ記念ロシア経済アカデミーの研究者らは中国の研究者らとともに、ニンニク摂取後の人体の反応を調査する包括的な研究を行った。それによると、ニンニクは危険な血液疾患に対する強力な武器になりえることが分かった。この研究結果は「Chinese Journal of Natural Medicines」に掲載されている。

梗塞や脳卒中など、ほとんどの心血管疾患の原因となっているアテローム性動脈硬化症と戦うために、同アカデミーの研究者らは、合成薬に含まれるような有害な副作用がない天然類似物を主とする薬の開発を決定した。研究によると、そのような薬はニンニクをベースにしたものになる可能性がある。

果物 - Sputnik 日本
網膜変性を防ぐ効果が期待できる食材が明らかに
この研究の著者の1人であるワシリー・カラゴジン教授は「ニンニクは血管壁にコレステロールが蓄積するのを防ぐ。これによりアテローム性プラーク(主に脂肪で構成される沈着物)の形成を防げる」と述べている。同教授によると、ニンニクをベースにした薬は、血管の口径を正常な大きさに戻し、蓄積したプラークも溶かすという。また、副作用がなければ、生涯投与することも可能だという。

今までの研究でニンニクに血圧を下げ、血液循環を改善させる作用があることはわかっている。プレハーノフ記念ロシア経済アカデミーの研究者らは、将来的にはニンニクベースの新薬をオーダーメイド医療に適応させるための方法を模索するつもりだという。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала