ナショナル・インタレスト誌が世界の海軍トップ5を発表 ロシアと日本もトップ入り

© Sputnik / Oleg Lastochkinロシア海軍
ロシア海軍 - Sputnik 日本
ナショナル・インタレスト誌が世界で最も強力な海軍トップ5として、アメリカ、中国、ロシア、イギリス、日本を挙げた。権威あるナショナル・インタレスト誌はどのような長所をとりあげているのだろうか?

アメリカ

1位に選ばれたのは米国海軍である。同誌によると、アメリカは世界のどの海軍よりも多くの艦艇を保有しているという。

CC BY 2.0 / U.S. Naval Forces Central Command/U.S. Fifth Fleet / USS GEORGE H.W. BUSH (CVN 77)_140429-N-ZZ999-004 アメリカ海軍
ナショナル・インタレスト誌が世界の海軍トップ5を発表 ロシアと日本もトップ入り - Sputnik 日本
アメリカ海軍

同記事の著者は次のように書いている。「アメリカ海軍は太平洋、大西洋、インド洋、地中海、ペルシャ湾で定期的に活動しており、アメリカ海軍ほどグローバルに活動している海軍はない。」

同記事はまた、アメリカ海軍が航空母艦を10隻、上陸用舟艇9隻、巡洋艦22隻、駆逐艦62隻、フリゲート17隻、潜水艦72隻を保有していると記している。加えて、アメリカは航空機3700機、人員32万3000人という、世界2位の空軍も有している。


中国

2位につけたのは中国海軍だ。中国海軍の発展はこの国の経済成長によって可能になった。国防費は1989年比で10倍に膨らんだと「ナショナル・インタレスト」誌は指摘している。

現在、中国は航空母艦1隻、上陸用舟艇3隻、駆逐艦25隻、フリゲート42隻、原子力潜水艦8隻、通常潜水艦50隻を保有している。


ロシア連邦

3位はロシア海軍である。記事の著者によると、ロシアは伝統的に陸軍大国であるが、ソビエト海軍の大部分を受け継いでいる。それに新しい艦艇を徐々に導入するとともに、古い艦艇の近代化も進めている。

© Sputnik / Alexander Galperin / フォトバンクに移行ロシア海軍
ナショナル・インタレスト誌が世界の海軍トップ5を発表 ロシアと日本もトップ入り - Sputnik 日本
ロシア海軍

ロシア海軍は大型船79隻、うち航空母艦1隻、巡洋艦5隻、駆逐艦13隻、潜水艦52隻を保有している。


イギリス

4位は英国海軍である。同誌によると、イギリス軍の大部分と同じように、イギリス海軍も近年、一貫した縮小に直面しているという。

© REUTERS / Yoruk Isikイギリス海軍
ナショナル・インタレスト誌が世界の海軍トップ5を発表 ロシアと日本もトップ入り - Sputnik 日本
イギリス海軍

現在、イギリス海軍は大型上陸用舟艇3隻、フリゲートと駆逐艦19隻、原子力潜水艦7隻、弾道ミサイル搭載潜水艦4隻を保有している。


日本

トップ5の最後が日本の海上自衛隊だ。海上自衛隊は114隻の艦艇を保有しており、その核をなしているのが46隻の巡洋艦(護衛艦)であると同誌は書いている。

© REUTERS / Thomas Peter日本の海上自衛隊の護衛艦2隻と潜水艦 係争海域のフィリピンの港に寄港
ナショナル・インタレスト誌が世界の海軍トップ5を発表 ロシアと日本もトップ入り - Sputnik 日本
日本の海上自衛隊の護衛艦2隻と潜水艦 係争海域のフィリピンの港に寄港

さらに、「ナショナル・インタレスト」誌によると、16隻ある日本の潜水艦は世界で最も優れたもののひとつであるという。特に注目すべきは「そうりゅう」型潜水艦である。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала