登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシア裁判所、日本の漁船5隻解放 罰金1100万円

© Sputnik / Stringer / フォトバンクに移行クナシル島
クナシル島 - Sputnik 日本
フォローする
17日にロシアの国境警備局によって南クリル諸島クナシル島(国後島)に連行された北海道根室市の漁協に所属する漁船5隻が24日に解放された。共同通信がロシア国境警備局の発表をもとに伝えた。

ロシアの裁判所は同日、南クリル諸島の周辺海域で操業していた漁船5隻について、漁獲量に関する規則違反を認定し、船長らに対し、罰金約640万ルーブル(約1100万円)の支払いを命じる判決を言い渡した。

ロシア外務省のザハロワ報道官(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
違法操業で拘束の日本の漁労者らに必要な援助を実施=ロシア外務省
日本の外務省などによると、漁船は午前10時ごろ国後島を出港し、根室に向かった。

南クリル諸島の周辺海域で日本漁船の拿捕が相次いだことから、「安全操業」は1998年の露日政府間協定に基づいて行われている。

操業条件は毎年の交渉で決まる。2019年の漁獲量はタコ漁が216トンとなっているほか、スケソウダラが955トン、ホッケが777トンで設定されている。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала