ワシントンポスト紙 米国でロシアに対する情報戦争の戦略を研究

米国のサイバー司令部は、ロシア政府が2020年の米国大統領選挙に「干渉」を試みた場合にロシアの高級官僚とビジネスマンを対象とした情報戦争を行うための戦略を研究している。情報筋を引用し「ワシントンポスト」紙が報じた。

同紙によれば、サイバー司令部の標的は、ロシアのエリートたちとなる。

ラブロフ外相 - Sputnik 日本
米大統領選挙 ラブロフ外相、ロシアが「この問題を解決する」と冗談を飛ばす
しかし、報道では、こうした取り組みがあまりに挑発的であることから、ウラジーミル・プーチン大統領には言及していない。

サイバーウォーはロシアのエリートの「デリケートな個人情報」に関わると強調される。その情報への攻撃は、ロシア側から予想される干渉が終了した時点で中断される。サイバー司令部によれば、こうした行動は経済的制裁より大きな効果を生むという。

9月、米国陸軍のサイバー司令部代表であるスティーブン・フォガティ将軍は、米国防総省は2020年の選挙を見越して、サイバー空間での情報戦争のコンセプトを積極的に準備すると発表した。フォガティ将軍によれば、このことが回答を与える覚悟を示すことになるだけに、米国政府は敵国に対し作戦遂行について公然と発表する必要があるという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала