レバノン政府 国際刑事警察機構から元日産社長ゴーン被告の逮捕状を受け取る

© REUTERS / MOHAMED AZAKIRLebanese police officers are seen at the entrance to the garage of what is believed to be former Nissan boss Carlos Ghosn's house in Beirut
Lebanese police officers are seen at the entrance to the garage of what is believed to be former Nissan boss Carlos Ghosn's house in Beirut - Sputnik 日本
レバノン政府は国際刑事警察機構から元日産社長のカルロス・ゴーン被告の逮捕状を受け取った。2日、地元紙「デイリー・スター」が同国法務大臣の発表を報じた。

以前、レバノンの「アリ・アフバール」紙は情報筋を引用し、ゴーン被告がイスタンブールからプライベート機でベイルートに到着し、自身のフランスのパスポートで入国、また、すべての「特殊作戦」は民間警備企業の指揮のもとに実施されたと報じていた。

ゴーン被告と彼の「右腕」であるグレゴリー・ケリー氏は、2018年11月19日、ゴーン被告が報酬の申告を偽り、それをケリー氏が援助したという嫌疑で逮捕された。

昨年の春には、ゴーン被告の弁護人が15億円(約1500万ドル)の保釈金を支払い、その後、住居を制限することで釈放がされた。2020年の春に予定される裁判まで、彼は日本を離れる権利を有していなかった。

ゴーン被告逃亡

日産のカルロス・ゴーン前会長(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
ゴーン氏が国外に逃亡:専門家が日本政府の反応について語る
しかし、12月31日、ゴーン被告がレバノンに到着したと報じられ、その後、ゴーン被告がレバノンにいることが確認された。同被告が警備と日本の入国管理の回避に成功するにはいくつかのやり方が考えられる。そのうちの1つとして、クリスマスに彼の住居で催されたコンサートが考えられる。おそらく、民間警備会社スタッフの何人かが演奏者の役を演じたのではないか。

コンサート終了後、ゴーン被告は楽器のケースに隠れ、住居から離れた。その後、彼はどこかの、たぶん、関西地区の空港まで連れて行かれ、プライベート機で日本を脱出した。彼は機内でも楽器ケースに入ったままだったとされるが、それ以外にパスポートコントロールの目をどう潜り抜けたのか、説明するのはあまりにも難しい。同時にレバノン側は、ゴーン被告は合法的に日本を出国したのであり、彼を追及する理由は存在しないと主張している。

ゴーン被告には、レバノンとフランス、ブラジルの3つのパスポートがあり、弁護人が預かっていた。同被告が別の名前で作られたパスポートで日本を出国したという説もある。このように、疑惑は彼が市民権をもつ各国領事部に向けられている。

日本の警察はゴーン被告を援助した人物の捜査を行っており、また、2日には同被告の住居の家宅捜査が始められた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала