登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ウクライナの「ボーイング」、イランでの墜落直前に空港に戻ろうとしていた

© Sputnik / Iranian Red Crescent Societyウクライナ機
ウクライナ機 - Sputnik 日本
フォローする
イラン民間航空局の中間報告によると、1月8日にウクライナ国際航空の航空機が離陸直後にテヘラン郊外で墜落した件で、航空機は空港に戻ろうとしていたということだ。

イラン民間航空局のアリ・アベドザデフ局長は「当初、空港から離れるために西側方向に飛ぼうとしていた航空機は問題に直面し、その後で右に旋回し、墜落の瞬間には、空港に向かって戻ろうとしていた」と、イランのニュースエージェンシー「タスニム」に述べた。

イランのウクライナ機墜落現場 - Sputnik 日本
イラン当局、ウクライナ航空機事故の原因についてコメント
イラン民間航空局は、墜落の前に、機内で火災が発生したと見ている。目撃者は、機体が落下する際に燃えていたことを確認している。何が火災の原因になり得たのかは、今のところ確認されていない。

アベドザデフ氏は取材に対し「パイロットは、機内での不測の事態について管制に伝えなかった」と付け加えた。

イラン当局はフライトレコーダーに残されたデータをもとに墜落の状況について調査を続けている。ウクライナの専門家たちも、原因解明に参加するためイランへと飛んだ。

8日、アベドザデフ氏はすでに、イラン当局はブラックボックスをボーイング社や米国側に引き渡すつもりはないと表明している。

イランでボーイング機墜落

イランの首都テヘランで8日、ウクライナ国際航空のボーイング737-800型機が墜落した。キエフ行きのボーイング機は、テヘランのイマーム・ホメイニ空港を離陸した直後に墜落した。

同機に搭乗していたイラン人、ウクライナ人、カナダ人、ドイツ人、スウェーデン人、アフガニスタン人の乗客167人と乗員9人の計176人が死亡した。

先に発表されたイラン民間航空機関の報告書によると、ボーイング機は飛行中にすでに燃えていたという。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала