イラン、ウクライナ機は偶然撃墜と発表=ブルームバーグ報道

© 写真 : Iranian Red Crescent Societyイランでボーイング機墜落
イランでボーイング機墜落 - Sputnik 日本
ブルームバーグは11日、イランが同国で墜落したウクライナ国際航空のボーイング737-800型機について、イラン軍によって「偶然撃墜された」と発表したと、伝えた。

報道によると、イラン軍は墜落の原因について「人為的ミス」だったと発表した。

先にイランは、旅客機がイランによって撃墜されたという主張は「心理戦」であると発表していた。

イランでボーイング機墜落

ウクライナ機の墜落現場 - Sputnik 日本
イランでウクライナ機墜落 証拠品が片付けられた墜落現場を動画で撮影
イランの首都テヘランで8日、ウクライナ国際航空のボーイング737-800型機が墜落した。キエフ行きのボーイング機は、テヘランのイマーム・ホメイニ空港を離陸した直後に墜落した。

同機に搭乗していたイラン人、ウクライナ人、カナダ人、ドイツ人、スウェーデン人、アフガニスタン人の乗客167人と乗員9人の計176人が死亡した。

航空機による悲劇は、バクダットでの米国の特殊作戦によるイランのソレイマニ司令官の殺害後、米国とイランの関係が悪化したことを背景に発生した。米国政府は、ソレイマニ司令官は米国への攻撃を計画していたと主張しているが、しかし、いまのところ具体的な情報は示されていない

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала