ボーイング、操縦士の訓練を要請したライオン・エアを馬鹿呼ばわり 1年後に墜落事故

CC BY-SA 2.0 / Ya, saya inBaliTimur (using album) Fol / PK-LHOライオン・エアのボーイング737Max型機(アーカイブ写真)
ライオン・エアのボーイング737Max型機(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
米航空機大手ボーイングは、同社製737 MAXの訓練を操縦士に受けさせることを求めたインドネシアの格安航空会社ライオン・エアについて、社内通信記録で馬鹿呼ばわりしていた。14日、ブルームバーグ通信が、米議会下院の運輸・インフラ委員会に提供されたボーイングの社内通信記録をもとに報じた。

ボーイング737max - Sputnik 日本
737MAXの運航が再開された場合、ボーイング新CEOに700万ドル
社内通信記録によると、ボーイングは、操縦士のシミュレーター訓練などに関するライオン・エアの要請に否定的な反応を示した。

2017年6月、ボーイング社のある社員は「今、このいまいましいライオン・エアは、あたかも彼らが愚かであるかのように、MAXで飛行するためのシミュレーターを必要としている。 私はこれに対処する方法を見つけようとしててんてこ舞いしている。 馬鹿野郎たちだ」と書いている。それから間もなく、ボーイングはライオン・エアの操縦士のシミュレーター訓練を拒否した。

インドネシアでボーイング737 MAX型機墜落

およそ1年後の2018年10月、ライオン・エアが所有する737 MAX型機が、ジャカルタの空港を離陸してから数分後に墜落した。原因は、MCAS(Maneuvering Characteristics Augmentation System)の欠陥と、乗務員がMCASに適時に対応できなかったこととされている。

インドネシア国家運輸安全委員会は、ボーイングが操縦士の十分な訓練を拒否したと発表した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала