大津園児事故、判決言い渡し延期で異例の事態に

滋賀県大津市で昨年5月に保育園児の列に車が突っ込み、2人が死亡した事故で、過失運転致死傷などの罪に問われた被告に対し、16日に判決が言い渡される予定だったが、被告が出会い系サイトで知り合った男性へストーカー行為をした別の罪について、これまで認めていたが争う姿勢に転じたため、判決が延期された。NHKが報じた。

NHKによると、新立文子被告(53)は昨年5月、大津市の交差点で前方を確認しないまま右折し、対向車を信号待ちの保育園児の列に突っ込ませ、2人を死亡させ、過失運転致死傷の罪などに問われている。

16日に判決が言い渡される予定だったが、被告が出会い系サイトで知り合った男性へストーカー行為をした別の罪について争う姿勢に転じたため、判決の言い渡しが延期される異例の事態となった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала