登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

拘束の日本船船長に対する取り調べがサハリンではじまる

© Sputnik / Anton Denisov / フォトバンクに移行ウループ島のカモメ(アーカイブ写真)
ウループ島のカモメ(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
フォローする
南クリルで15日に拘束された日本漁船の船長に対する取り調べが開始された。船長には行政罰が科される恐れがある。サハリン州のロシア連邦保安庁国境警備局が発表した。

その前日、ロシアの国境警備局は、南クリル周辺のロシアの排他的経済水域の200マイル内で日本漁船「第68翔洋丸」を拘束した。船内からはこの漁船の操業には許可されてはいないエイ714キロが発見された。同船は取り調べのため南クリルのクナシリ島に連行された。

国境警備局によれば、日本船はロシアと日本の政府間合意によって制定された漁業規則に違反したという。

関連ニュース

日本の漁船5隻が露当局に連行「検査のため」

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала