耳の聞こえない米国男性がポルノハブを訴える 企業が対応を迫られる

耳の聞こえない米国のヤロスラフ・スリス氏は、多くのビデオにクローズドキャプションがないことから大手サイトのポルノハブを訴えた。サイトTMZが報じた。

スリス氏によれば、こうしたサイトのポリシーは彼の権利を侵害し、米国連邦法、また、1990年に有効となった障害を持つアメリカ人法に反するという。男性は、サイトのプレミアムアカウントを利用したが、字幕がないために多くのビデオで会話を理解することができないでいる。

A Muslim woman walks past a Starbucks Coffee shop in Rawang outside Kuala Lumpur, Malaysia, Thursday, July 6, 2017. - Sputnik 日本
スターバックス、店内でのポルノ閲覧禁止へ YouPornは、対抗措置
スルス氏はビデオに字幕を入れることと損失に対する補償の支払いを求めた。同氏の要求額がいくらかは明らかではない。ポルノハブのコリー・プライス副社長は、訴訟についてコメントし、通常企業はこうしたことは行わないと強調した。同副社長によれば、サイトには字幕の入ったビデオの特別なセクションがあるという。現在そこには410本の動画が用意されている。

この間、ポルノハブは2019年でもっとも頻繁な検索ワードについてまとめている。

関連ニュース

世界初ヴァーチャル(とはいえ、本物そっくり!)ポルノ女優 すでにSNSを悩殺

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала