ボーイング社 737MAXプログラム全面書き換え

ボーイング社は737MAXのプログラムソフトを全面的に書き換える。情報筋の話としてABXニュースが報じている。

同ニュースによると、ボーイング社は当初、プログラムソフトの書き換えはMCASシステムのみを対象にしていたという。同システムの誤作動はインドネシアとエチオピアにおける航空機事故の原因となった。

ライオン・エアのボーイング737Max型機(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
ボーイング、操縦士の訓練を要請したライオン・エアを馬鹿呼ばわり 1年後に墜落事故
ボーイング社自身も、737MAX生産停止の原因となっているプログラムソフト変更に関し、新たな問題に直面していることを公式に認めていた。延期期間について同社は明らかにしていない。

これより前、737MAX機の復帰にボーイング新CEOに700万ドル(約7億7千万円)が約束されているという報道があった。

事故は、ボーイング社の株価や財務指標に影響を与えた。


ボーイングのCEO交代

これより前、同社経営体制の刷新とCEO退任に関して明らかになった。カルフーン氏の前任者、デニス・ミューレンバーグ氏は、昨年12月に辞任した。ボーイングは1月、ミューレンバーグ氏は退職時に6200万ドルを受け取ることになると発表したが、これを退職金とはしなかった。事故調査にあたっていたボーイングのチーフエンジニアも辞任した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала