石破氏「投手が打たれれば交代」 自民党総裁選へ意欲

自民党の石破茂元幹事長は23日、東京都内で講演し、来年9月の安倍晋三首相の党総裁任期を見据え、次期総裁選出馬への意欲を重ねて示した。「未来永劫続く政権はない。野球でも、ピッチャーが打たれて次がいないのは無責任。誰かがやらないといけない」と述べた。

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)に絡む汚職事件や「桜を見る会」問題による安倍政権の求心力低下を念頭に置いたとみられる。これに先立つ石破派会合では、年末年始の地元有権者の反応について「予想以上に厳しい」と指摘した。

(c)KYODONEWS

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала