- Sputnik 日本
フィギュア特集

うれし泣きのアリエフ ロシアに欧州選手権男子金メダル プルシェンコ以来8年ぶり

© Sputnik / Alexandr Wilf / フォトバンクに移行アリエフ選手
アリエフ選手 - Sputnik 日本
オーストリアのグラーツで開催のISU欧州フィギュアスケート選手権では、男子シングルでロシアのドミトリー・アリエフ選手(20)が金メダルを獲得した。欧州選手権の男子でロシアに金メダルがもたらされたのは、2012年のエフゲニー・プルシェンココ以来、実に8年ぶり。

2位には同じくロシアのアルトゥル・ダニエリャン選手(16)が、3位はグルジア(ジョージア)のモリス・クビテラシビリ選手(24)が占めた。


「耳、肘が熱くなって…」

リンクから上がったアリエフは、自分には今回のスケーティングはとても苦しかったことを打ち明けている。

「心情的に今回のスケーティングはとても辛かった。とても心配し、ドキドキしていたからです。」

アリエフは、リンクに出る前に自分が「燃え尽き」始めている感覚に襲われたという。

「耳がかっかと燃えはじめたんです。この時、私は自分に大事なことを言いました。これは自分が自分のために見つけた言葉でした。そしてそれが私を助けてくれたんです。」

キス・アンド・クライ・ゾーンのベンチに座ったアリエフは滂沱の涙を止めることができなかった。喜びから湧き上がる涙だった。


かつての欧州チャンピオン、プルシェンコ氏が祝辞

ドミトリー・アリエフのこの金は、7年にもわたるスペインのハビエル・フェルナンデス選手のチャンピオンの座の独占状態を経て、ようやくロシアにもたらされた欧州選手権、男子シングルのメダルであり、ロシアにとってはエフゲニー・プルシェンコ以来、長い空白期間が破られた。当時29歳で欧州チャンピオンの座についたプルシェンコ氏は急いで若きスケーターに祝辞を贈っている。

「おめでとう。素晴らしいニュースだ。こんなにも長い空白期間を経て、ようやく私たちに新たな欧州チャンピオンが登場した。」プルシェンコ氏は、勝利にふさわしい演技だったとアリエフ選手を称えた。

ドミトリー・アリエフ - Sputnik 日本
フィギュア特集
フィギュアスケートロシア選手権 男子シングルはアリエフが優勝
プルシェンコ氏のアリエフへの評価は「非常に素晴らしい、たくさんの4回転ジャンプが跳べる選手」と十分に高い。

アリエフもプルシェンコの到来後、ロシアに初の勝利をもたらすことができたことについてコメントを表した。

アリエフの話では2012年1月、プルシェンコ氏がフィギュア欧州選手権で金メダルを獲得した時、当時12歳の彼はフィギュアと平行してスキーをやっていた。

「2012年1月、私は生まれ故郷のウフタ(ロシア北部コミ共和国)のマイナス25度、30度の世界でスキーのトレーニングにいそしんでいました。」アリエフは記者団にこう語っている。

アリエフのスキーの成績はそう悪くはなかったという。

「非常にいいレベルに達していました。もちろん私は透視能力があるわけではないですけど、もしあのままスキーを続けていたら、結構いい成績を出していたと思います。」


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

関連記事

「サーシカなら俺らを負かしちゃうよ」 男子枠で出たいトルソワ発言にロシア男子らがコメント

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала