登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

オフィスワークでいかに「手根管症候群」とならないか 神経学者のアドバイス

フォローする
パソコン用マウスはそれほど無害なものではなく、使い方が正しくない場合には、「文字通り」鋭敏な害をもたらすおそれがあるとされる。大変な事態にならないためにはいったいどうしたらいいのか、神経科医のユーリー・アンドルソフ医師がスプートニクに語ってくれた。

1日のパソコン作業が長い人はこの不愉快な病気「手根管症候群」に見舞われる可能性がある。

疲れている女性(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
デスクワーク20年、身体はどうなる? 動画を見て、ゾッとしてください
この疾患は指のしびれや痛みとして現れる。その原因は、長時間パソコンのキーボードやマウスを使うなど、指の単調な動作や不自然な状態が継続することによる。このことから手根が常に緊張した状態に置かれることになる。

アンドルソフ医師によれば、手根管症候群は、かつては搾乳を行う人に特有の病気と考えられていた。しかし現在、この病気は事務作業を行う大部分の人が罹患する可能性がある。

問題の解決には整形外科の定期検診が役立つとアンドルソフ医師は考える。もっとも簡単な方法は整形外科用パッドを購入すること。これはマウス用のパッドで、表面にローラーが配置されている。このためパソコンの作業時に手は水平に保たれ、手根の神経への圧迫は生じなくなる。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

関連ニュース

慢性疲労 その一因は炎症だった 研究で明らかに

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала