米ニューハンプシャー 17キロの大物魚 記念にはく製に【写真】

米ニューハンプシャー州の男性が最重量級のレイクトラウトを釣り上げた。米CNNが報じた。

米国のトーマス・ナイトさん(58)は2月25日、湖へ釣りに出かけた。釣り始めてしばらくたった頃、強い引きがあり、リールを巻き上げると、巨大なレイクトラウトがかかっていた。

びっくり動画を公開 炭酸水を使った精巧なトリックでオオナマズを捕獲  - Sputnik 日本
びっくり動画を公開 炭酸水を使った精巧なトリックでオオナマズを捕獲 
釣り上げた魚の大きさに驚いたナイトさんは、すぐに州の水産局に電話した。連絡を受けてやってきた専門家がその魚を測ったところ、体重はなんと約17キロ。州では半世紀以上も前の1958年に捕獲された12キロの魚が最大だったが、ナイトさんの獲物はその記録を塗り替えてしまった。

25年近く釣りに興じてきたナイトさんでも、ここまでの大物を仕留めたのは初めてで、手放しで嬉しいという。さて、肝心のレイクトラウトだが、ナイトさんはレストランを経営する友人に売り、トロフィー(剥製)にして店内に飾ってもらうと話している。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала