ギリシャ首相が東京五輪の2020年夏開催を支持

ギリシャのキリアコス・ミツォタキス首相は国際五輪委員会(ICO)のトーマス・バッハ会長と首相官邸で会談し、新型コロナウイルスのパンデミックを受けてIOCが東京五輪と聖火リレーの開催日程を変更しないよう、ギリシャ側の要望を伝えた。ギリシャ政府がプレスリリースで明らかにした。

バッハ会長は古代オリンピアで開催される五輪聖火の採火式典に合わせてギリシャを訪問し、ミツォタキス首相と首相官邸で会談した。

東京五輪の聖火採火式のリハーサル - Sputnik 日本
東京五輪開催に関するすべての決定は5月に承認される=関係筋

会談の中でミツォタキス首相は五輪の聖火を「希望の光」と呼び、IOCが新型コロナウイルスのパンデミックを受けて東京五輪と聖火リレーの開催日程を変更しないよう、ギリシャ側の要望を伝えた。

五輪聖火の採火式典は新型コロナウイルスの影響から無観客での実施されることが決まっている。

五輪聖火の採火式典は3月12日に古代オリンピアで行なわれ、19日にはアテネ・オリンピックスタジアムで2020東京五輪委員会に聖火の引渡しが行なわれる。また、8日間、ギリシャ全土での聖火リレーが実施される。

ウォール・ストリート・ジャーナルは11日、東京五輪・パラリンピック組織委員会の高橋治之理事が、2020年に開催できない場合、1年か2年延期することが現実的だとの見解を示したと報じた。

クリスティーヌ・ラガルド、国際通貨基金(IMF)専務理事 - Sputnik 日本
欧州に2008年の経済危機の再来のおそれ-欧州中央銀行総裁

パンデミックの発表

ジュネーブでのブリーフィングの際に世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェソス事務局長は、世界的な新型コロナウイルスの拡大がパンデミックの性格をおびてきたと指摘した。

​「パンデミック」とは伝染病の拡大が特別に深刻な際に使用される表現。国内をはじめ近隣諸国、時には世界中の多くの国々に伝染病が拡大する状況を意味する。

​​スプートニクは新型コロナウイルスに関するその他の疑問と回答について別記事でご紹介している。こちらの記事およびこちらの記事をお読み下さい。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала