栄養士 砂糖に代わる甘味料の「神話」をバッサリ否定

砂糖の代わりに「低カロリー」甘味料を使っても痩せるわけでははい。スペインの栄養士が語った。

スペインの元サッカー選手、ファン・アントニオ・ロドリゲス氏のSinAzucar.orgプロジェクト発足人によると、大半の認可済み砂糖代替品は、適量に使用し、徐々に砂糖断ちをするには安全だという。ただし痩せるためには甘いものを人工甘味料に替えるのではなく、食事療法を守ることが大切だ。

ダイエット - Sputnik 日本
栄養士が語る 検疫自宅待機中の食事はどうすればいい?
新聞ABCはもう一人の栄養士、ミゲル・ロペス・モレノ氏の「ヨーグルトやおかゆを甘くするには、バナナなどの果物を加えるのが一番いい」というアドバイスを引用した。

ロペス・モリノ氏は、有名な砂糖代替品は全て、様々な化学反応でできていると指摘する。

両氏はともに、完全に砂糖をやめるのは難しいが、徐々に甘味料に移行していくことで目標に近づくことができると語る。その場合は使用量をコントロールしなければならない。専門家は、砂糖に代わる甘味料を摂取することによって、いわゆるハロー効果が起こる可能性があると警告している。人は低カロリーの食事のほうが身体によいと思い込み、食事を制限しなくなるというパターンだ。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала