俳優イドリス・エルバさんと、『ゲーム・オブ・スローンズ』の「赤毛」のトアマンド役、クリストファー・ヒヴュさんが新型コロナに感染

© 写真 : HBO (2011-2019)クリストファー・ヒヴュさん
クリストファー・ヒヴュさん - Sputnik 日本
英俳優イドリス・エルバさんが、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを明らかにした。またノルウェー出身の俳優で、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』でトアマンドを演じたクリストファー・ヒヴュさんも、新型コロナウイルスの検査が陽性だったことを明らかにした。

エルバさんはツイッターで「COVID-19の検査を受けたら陽性だった。気分は良好で、まだ症状はないが、隔離状態にある。自宅で過ごし、プラグマティックでいるように。パニックにならないように」と伝えた。

エルバさんは、2011年に公開されたマーベル・コミックの同名コミックの映画『マイティ・ソー』に出演し、名声を得た。ドラマ『刑事ジョン・ルーサー』も代表作。

クリストファー・ヒヴュさんはインスタグラムに「私と家族は自主隔離している。私たちは元気で、私には軽い風邪の症状しかない」と投稿し、「ウイルスの拡散を止めるためにできる限りのことをしよう。一緒になればウイルスと戦い、我々の病院の危機を回避することができる。お互いに気を配り、距離を保ち、健康でいよう!」と呼びかけた。

ヒヴュさんは、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のトアマンド役で知られる。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Kristofer Hivju (@khivju)

先に、女優のオルガ・キュリレンコさんや、俳優トム・ハンクスさんと妻のリタ・ウィルソンさんも新型コロナウイルスに感染したことがわかった。


パンデミックの発表

ジュネーブでのブリーフィングの際に世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェソス事務局長は、世界的な新型コロナウイルスの拡大がパンデミックの性格をおびてきたと指摘した。

​「パンデミック」とは伝染病の拡大が特別に深刻な際に使用される表現。国内をはじめ近隣諸国、時には世界中の多くの国々に伝染病が拡大する状況を意味する。

© Sputnik / Savitskaya Kristina経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
俳優イドリス・エルバさんと、『ゲーム・オブ・スローンズ』の「赤毛」のトアマンド役、クリストファー・ヒヴュさんが新型コロナに感染 - Sputnik 日本
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала