「コロナばらまく」男性死亡 愛知県の医療機関で

新型コロナウイルス感染判明後に「ウイルスをばらまく」と話して外食した愛知県蒲郡市の男性(57歳)が18日、入院先の医療機関で死亡したことが分かった。共同通信が報じている。

蒲郡市などによると、男性が4日に受けた検査で陽性反応が出た。保健所から自宅待機を要請されたが、同日夕、家族に「ウイルスをばらまく」と話し、タクシーで外出。市内の居酒屋に役5分、フィリピンパブに約40分滞在した。12日、パブの女性従業員が陽性と判明した。

愛知県警が業務妨害容疑で捜査していたところ、男性の死亡が確認された。

© Sputnik / Savitskaya Kristina新型コロナウイルスについての情報の正誤
「コロナばらまく」男性死亡 愛知県の医療機関で - Sputnik 日本
新型コロナウイルスについての情報の正誤

スプートニクは新型コロナウイルスに関するその他の疑問と回答について別記事でご紹介している。こちらの記事およびこちらの記事をお読み下さい。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала