世界で約20種の新型コロナウイルス用ワクチンの開発が進められる

すでにいくつかの国が新型コロナウイルスCOVID-19用のワクチン開発に取り組んでいる。世界保健機関(WHO)の専門家であるマリア・ヴァン・ケルホブ氏によれば、現在、世界では約20種のワクチンが研究されている。

ヴァン・ケルホブ氏は記者会見で、「世界中の科学研究センターが新型コロナウイルス用のワクチン開発を急いでいる。新型コロナウイルス用に少なくとも20のワクチンが現在研究されている。それらのはじめての臨床実験はすでに開始されている」と語った。

同様に記者会見に出席したWHOの緊急時プログラム責任者のマイク・ライン氏は、ワクチンの製造時にすべての予防措置を順守する重要性を強調した。

ライン氏は、「悪性ウイルスより危険なものとなる唯一の存在が悪いワクチンだ。私たちは、潜在的に世界の多くの人々に普及されるさまざまな製品を開発する際、とても慎重でなければならない」と語った。世界中で数十の科学センターや臨床研究所が新型コロナウイルス用のワクチン開発に取り組んでいる。

ロシアでは現在6つのワクチンの実験が行われている。

© Sputnik / Savitskaya Kristina経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
世界で約20種の新型コロナウイルス用ワクチンの開発が進められる - Sputnik 日本
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала