エマ・ワトソン、非伝統的な性的行為に感心

© Sputnik / Yekaterina Chesnokova / フォトバンクに移行エマ・ワトソン
エマ・ワトソン - Sputnik 日本
映画『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー・グレンジャー役で知られる英国の女優エマ・ワトソンさん(29)は、Teen Vogue誌のインタビューで、非伝統的な性的行為は同意の文化を守ることを意味するため、少し感心していると語った。

This March 26, 2014 file photo shows actress Emma Watson at the premiere of Noah, in New York - Sputnik 日本
エマ・ワトソンさん、性奴隷に勧誘されていた
ワトソンさんは「伝統的なパターンとは異なる関係には、より多くのコミュニケーションと、同意の文化を守ることが必要とされていると感じるわ。そのような関係は、実際のコミュニケーション、役割と責任の配分に関する合意を必要とするけど、伝統的なパターンではそのようなコミュニケーションは欠かせないものではないみたい。でも、恋愛関係は楽なものであるべき、すべて自然に上手くいく、大切なのはただお互いを理解し合うことだっていう考えは、でたらめだわ!そんなの不可能よ!」と語った。

ワトソンさんは、異性カップルよりも同性カップルの方が健康的な関係を築いていると強調し、「それは彼らがすべてについて話し合い、同意する必要があるからだと思うわ。彼らの関係に確立されたパターンはないの」と述べた。

またワトソンさんは「KINKY(性的に異常な、変態な)文化にも少し感心しているの。その代表者たちはコミュニケーションが何よりも得意だから。彼らは同意の文化のすべてを知っているわ」と述べ、これは実際に役に立つため、誰もが同じようなパターンを使うことができると強調した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала