登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

運行再開後はじめてとなる武漢市の列車 ロシア経由で欧州にマスクを輸送

© REUTERS / China Daily ウーハンから出発する電車
ウーハンから出発する電車 - Sputnik 日本
フォローする
運行再開後はじめて、武漢市を発った貨物列車がマスクや自動車のスペアパーツ、電子部品、他の商品を輸送する。中国を出発した列車はロシアを経由し欧州に向かう。ベラルーシとカザフスタン、ロシアの共同鉄道企業が発表した。

同企業によれば、40フィートコンテナ50台からなる貨物列車が2020年3月28日に武漢市を出発した。これは、武漢からドイツのデュースブルクを結ぶ定期コンテナ輸送サービス再開後、初の列車となる。

現在、貨物列車はカザフスタンを通過しており、その後、ロシアを経由した後、ルートにそってベラルーシに向かう。4月12日にはドイツに到着する予定となっている。

列車には感染防止用の薬剤など166.4トンが積まれており、また、鉄道インフラの修理のための物資なども輸送されている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала