ロシア 2種のワクチンのプロットタイプが実験段階

© Sputnik / Maksim Bogodvid / フォトバンクに移行新型コロナ
新型コロナ - Sputnik 日本
ロシアでは新型コロナウイルスCOVID-19のワクチンの2種類のプロットタイプが現在、動物実験段階にある。国立科学ウイルス学バイオテクノロジーセンター「ヴェクトル」のレナト・マクシュトフ社長が明らかにした。

コロナウイルスワクチンの治験の前段階の試験は5月11日から開始される予定、「ヴェクトル」のマクシュトフ社長の話では、現在、サルへの動物実験が行われている。


新型コロナウイルス

中国当局は12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。

専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルスCOVID-19が疾患の原因と判断した。

中国に続き、イタリア、米国、スペインで、特に多く感染が広がっている。

世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルスの拡大はパンデミックとなったことを明らかにした。

© Sputnik / Savitskaya Kristina経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
ロシア 2種のワクチンのプロットタイプが実験段階 - Sputnik 日本
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала