ヘンリー王子とメーガン妃の前途は多難 警護費用の支出で

© AFP 2022 / Tolga Akmenメーガン妃とヘンリー王子(アーカイブ写真)
メーガン妃とヘンリー王子(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
英国王家の専門家は、ヘンリー王子とその妻であるサセックス公爵メーガン・マークル夫人は、新型コロナウイルスの拡大により自己の警護に支出することが困難になると予想している。

英紙「デイリー・メール」の報道では、米誌『ヴァニティ・フェア』と『ハーパーズ バザー』に英国王室について執筆したオミッド・スコビー氏によれば、感染症がヘンリー王子とメーガン妃の所得を制限することになるという。

メーガン・マークル妃とヘンリー王子(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
メーガン・マークル妃がスーパーヒーロー映画への出演決意
同氏は、「この数年、彼らは生活費を稼いでいない」と明かした。「王室メンバーはすべての経費が支払われるが、しかし、賃金はない。彼らは、特に近い将来、非常に困難な状況にならざるを得ない」。

財政の厳しさが予想されるにも関わらず、ヘンリー王子とメーガン妃は自力で自身の警護費用を支払わなければならない。 

警護費用は、ヘンリー王子とメーガン妃が王室の称号を拒否したこととの関連で、長い間、もっとも物議を醸した問題の1つとして残っていた。 

1月、経費の一部は、サセックス公爵夫妻が居住するカナダ政府が負担したが、しかし、3月31日以降は警護は打ち切られた


4月1日からヘンリー王子とメーガン妃は、英国王家のメンバーとしての任務遂行を中止した。米国への移住と労働、企業活動の権利を得るため、彼らは、「王室の尊称」と国家からの資金提供、サセックスロイヤルの商標を放棄しなければならなかった。今後12ヵ月、ヘンリー王子とメーガン妃は、王子の父であるチャールズ皇太子の援助を受ける可能性がある。同皇太子は、個人的資金から息子とその妻に資金を支払うことを予定している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала