登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

「医師は私たちの未来を救おうとしている」:ロシアの飲食店とボランティア、コロナウイルスと闘う病院を応援

© 写真 : AGN Moscow / Alexander AvilovРаботники ресторана Тануки во время упаковки еды для медиков ГКБ имени Юдина
Работники ресторана Тануки во время упаковки еды для медиков ГКБ имени Юдина - Sputnik 日本
フォローする
数千人の医師、看護師、医療施設スタッフが日々コロナウイルス感染症と格闘している。患者は休みなく運び込まれ、医療関係者は1日12時間以上の労働を強いられている。このような労働条件では、職場から離れずに食事を摂る態勢が必要だ。そのようなニーズと、人の役に立ちたいという想い、そして仕事を続けたいというレストランの願いが重なった。

コロナウイルス感染症患者が搬送されるモスクワ市立第52病院の医師はマスコミの取材で、医師は前線で日々12時間奮闘しており、休みはなく、食堂や自動販売機に行く余裕はない、と語った。

初めて緊急シフトに入った看護師がインスタグラムに現場のルールを紹介した。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Валли 🧬🔬💉 (@wall_e.e)

「“汚染地域”で作業する者は皆、次の武装をする。外科用上下衣服、上から防護服、保護メガネ、マスク、2重手袋、ゴム長靴、さらに靴カバー。患者に対応する際はさらにもう1枚、上から滅菌手袋をつける(そして3重手袋でどうにか静脈にカテーテルを入れる)。汚染地域では上に挙げたセットのどれも外してはいけない、ということはつまり、飲食やトイレは不可能で、時には呼吸も苦しくなることも。1日に2回、エアーシャワーを通ってクリーンエリアに行くことが義務付けられているが、それでも大変辛い」

この看護師によると、休憩できたのは1回だけで、その後は17時間休みなく連続で勤務したという。

モスクワ、サンクトペテルブルク、エカテリンブルク、リャザン、クラスノダール、その他都市の医療関係者は同じような状況にあるという。

レストランと一般市民が医師の悩みに反応

3月初旬頃から、モスクワの複数レストランが医師らを支えようと、無料で食事を用意して届けることを決めた。この取組みはSNSで大きな反響を呼び、すでに多くのレストランがモスクワ市内の10を超える病院、ペテルブルク、エカテリンブルクなどの5つの病院にサポートを行っている。医師らにはコーヒー、パスタ、ピザ、バーガー、シャシルィク、スープ、デザート、ヨーグルトが届けられている。これらは医師の現場にできるだけ近い場所に届けられるよう、包装も工夫されている。“供給者”として大手レストランから小規模飲食店まで多くの飲食店が参加している。

マクシム・ドロフェエフ

レストラン「 Zames」オーナー

Пара в масках у статуи Мерлиона в Сингапуре - Sputnik 日本
なぜ医療システムはインフルエンザには対応できて新型コロナには対応できないのか パンデミックはいつ終わるのか 生物学者の意見
「私たちが医師に食事を用意するようになったのは3月頭、もしかしたら2月末かもしれません。この運動の走りですね。おそらくきっかけとなったのは私の友人で、有名な外科医のバドマ・バシャンカエフ先生の呼びかけでしょう。バシャンカエフ氏はモスクワ市立感染症病院のデニス・プロツェンコ院長とも親しくしています。3月頭にバシャンカエフ氏から私に電話があり、どうにかして医師らを助けられないかと相談がありました。厳重装備で勤務をしており、勤務体制も大変厳しいと。そこで私たちは純粋に善意から食事を作って、1日30食程度ですが、感染症病院に届けるようになりました。」

ダリヤ・ソニキナ

キッチン「ダーシャのピロシキ」創設者

「親戚から私に5000ルーブル(約7300円)の送金があり、『感染症病院に食事を作って届けて欲しい』と頼まれたのがきっかけです。食事を用意し、ボランティアの仲介者を探して、その人を経由して病院に食事を届けてもらいました。このことをSNSに書き込んだところ、『私からもお願いする』という反応があって、思いがけず大きな運動となりました。『お医者さんのために』とコメントをつけてアプリ経由で私に送金する人が増えています。」

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Дашины Пирожки (@dashiny_pirozhki)

ネリー・コンスタンチノワ

ホールディング「Novikov Group」広報部長

食料品の配達員 - Sputnik 日本
キックスケーターで食品配達それともマスクを縫う?失業したロシア人は自己隔離期間をどうやって生き抜くのか
「3月下旬、モスクワ市内の3病院の院長の連絡先を渡されました。まず私立第52病院にグループ傘下のクリスピー・クリームがドーナツ700個を届けました。その後はレストランLuceが中華鍋に牛肉入り麺を用意し、口腔外科センターに届けました。このセンターもコロナウイルス感染症の対応をしていて、大変感動してくれました。」

コンスタンチノワ広報部長によると、その後、傘下の他のレストランも複数の病院と連絡を取り、食事を届けているという。

ハトゥナ・コルバヤ

グルジア(ジョージア)レストラン「 サペラヴィ」「ヴァイ・メ」などオーナー

「私と夫、そして友人で、何か医師の助けになりたいと思いました。こんなことになるとは誰も予想できず、病院の仕事はどんどん増える一方ですから。1日12時間働いて、食事もトイレも着替えもできない。考えるだけでとても辛いです。ビジネスも経済も今はどん底に向かっていて、元通りになるには少なくとも1年はかかるでしょう。それでもお医者さんは私たちの未来を救おうとしている、この姿にとても感動しています。現在、食材提供者として17のパートナーがいますが、病院のためならと無料で提供してくれています。多くの人が私たちにお金を送ると申し出ていますが、お金は要りません。そうですね、食材を送ってくれたほうがいいですね。調理して、病院に届けます。」


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала