露米首脳が共同声明を発表 「エルベの誓い」から75年

© 写真 : Ministry of Defence of the Russian Federation米軍のオマール・ブラッドレー司令官とソ連軍のイワン・コーネフ司令官(1945年4月25日)
米軍のオマール・ブラッドレー司令官とソ連軍のイワン・コーネフ司令官(1945年4月25日) - Sputnik 日本
プーチン大統領は第二次世界大戦中にソ連軍と米軍が平和を願った「エルベの誓い」から75年が経つのにちなんで、トランプ大統領と共同声明を発表した。ロシア大統領府の広報部が発表した。

第二次世界大戦でナチス・ドイツと激しい戦闘を繰り広げていたソ連軍は1945年4月25日、ドイツ東部を流れるエルベ川の橋を渡り、米軍と初めて出会った際に平和を願って握手を交わした。

田中さん - Sputnik 日本
「桜は咲くべきだけど、戦争はあってはならない」 祖国への帰国を夢見た捕虜となった元日本兵の物語

その後、この出来事は「エルベの誓い」として語り継がれている。

25日にロシア大統領府が発表した声明では、「エルベの誓い」が「ナチス体制の決定的敗北に通じる前兆となった」とし、「共通の目的があれば差異を忘れ、信頼と協力を構築できる例」と記されている。

そのうえで両国の首脳は「ファシズム打倒を掲げて共に戦ったものたち、全員の献身的精神と勇敢さ」に敬意を表し、「21世紀の最も危機的課題に立ち向かう」として協力関係の強化を確認した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала