腰かけたマネキンが間隔をとるお手伝い 米レストランの妙案

米ワシントンDCにあるレストラン「ザ・イン・アット・リトル・ワシントン」はお客さんにソーシャルディスタンス(社会的距離)を順守してもらうため、お客さんが腰かけてはならないテーブルの空席にマネキン人形を座らせる策に出た。フードNEWSを扱う「イースター・ワシントンDC」が報じた。

レストラン「ザ・イン・アット・リトル・ワシントン」は、ワシントンDCではミシュランガイドに載るわずか3軒のレストランに入る。ソーシャルディスタンスを保つためにマネキン人形を座らせるとのファッションは1940年代のヴィンテージスタイル。衣装は隣のアーリントン郡のシグネチャー・シアターから借り受ける。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от The Inn at Little Washington (@innatlittlewash)

レストラン「ザ・イン・アット・リトル・ワシントン」の営業再開は5月15日から。ただし最初はオープンカフェ空間のみでの営業で、建物内も含めた本格的再開はその2週間後の5月29日からの予定。家具もインテリアも1940年代の香るスタイルに様変わりする。

トランプ米大統領は4月16日、29州でコロナウイルスのパンデミックによる規制の段階的な緩和を発表している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала