Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

中国のウイルス専門家、初期の新型コロナ情報の隠蔽について語る

© AP Photo / Ng Han Guan新型コロナウイルス
新型コロナウイルス - Sputnik 日本
中国・武漢当局は2019年12月、新型コロナウイルス感染拡大について詳細を隠蔽した。中国政府の上級医療顧問、国家衛生健康委員会専門家グループ長の鍾南山(Zhong Nanshan)氏がCNNテレビのインタビューで語った。

鍾氏が武漢に到着したのは1月中旬で、ウイルスはヒトからヒトへ感染することを確認した。一方で現地当局はそれを認めず、状況は現地で「制御可能」と主張した。

同氏は「当時、現地当局は真実を話したがらなかった。当初彼らは沈黙しており、私は、それならばもっと多くの感染者がいる可能性があると言った」と語る。

北京(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
米英豪ら5カ国 コロナ情報抹殺で中国を非難
鍾氏によると、武漢市の感染者数の公式発表が10日間変わらず、41人であったことから、感染規模を意図的に低く公表している可能性を疑ったという。当時すでに外国からコロナウイルス感染拡大の情報が入り始めていた。鍾氏が武漢当局に質問を続けたところ、当局は「渋々」本当の情報を提供。1月20日時点で武漢市の感染者数は198人に達しており、3人が死亡していた。

一方で同氏は、データ隠蔽は感染拡大初期に限られていたと語る。同氏によると中国は2003年のSARSの大流行から教訓を得たという。当時、北京はSARSについて数カ月報告を行わなかったが、今回、中国政府は地方に対して感染の正しいデータを提供するよう要求、従わない場合の罰則もちらつかせた。

「なので1月23日以降のデータはすべて正確だと思う」と同氏は結んだ。

4月30日、米国のマイク・ポンペオ国務長官は、中国政府がコロナウイルスの情報の一部を隠したと発言。最終的に北京はデータ隠蔽の責任を負うことになる、と語った。

関連ニュース

© Sputnik / Savitskaya Kristina経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
中国のウイルス専門家、初期の新型コロナ情報の隠蔽について語る - Sputnik 日本
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала