Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

訃報 エリツィン政権第1期の元エネルギー大臣、コロナ感染で死去

© 写真 : Facebook / Vladimir Lopukhin訃報 エリツィン政権第1期の元エネルギー大臣、コロナ感染で死去
訃報 エリツィン政権第1期の元エネルギー大臣、コロナ感染で死去 - Sputnik 日本
ロシアの元燃料・エネルギー大臣で、エリツィン政権第1期の閣僚を務めたウラジーミル・ロプーヒン氏が新型コロナウイルスに感染し、死亡した。68歳だった。

ロシアPBK紙がロプーヒン氏の友人である作家のデニス・ドラグンスキー氏の話をもとに伝えた。訃報についてはロプーヒン元大臣の親族が「ラジオ・スヴォボダ」で認めた。

ロプーヒン氏は1991年11月から1992年6月までエネルギー大臣を務めた。同氏の後任は後に首相となったヴィクトル・チェルノムイルジン氏だった。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала