ボーイング 737 MAXの生産を再開

米航空機メーカーのボーイングは、安全上の理由から生産を停止していた737 MAXの生産を再開したと発表した。

生産を再開したのは米ワシントンの工場。同社は労働環境の安全性の確保や品質向上のための措置を講じていることから生産は低稼働率で行なっているという。


ボーイング737 - Sputnik 日本
米当局 ボーイング737 MAXの生産過程における長期的な問題を調査
2019年3月10日、エチオピア航空のボーイングMAX 8型機が墜落。乗客乗員157人全員が亡くなった。2018年10月には、インドネシアのライアン・エアの同型機が墜落し、189人が亡くなった。エチオピア航空の墜落事故を受けて、ロシアを含む多くの国がボーイングMax 8型機の使用禁止を導入した。

米連邦航空局は、この機種の運用を禁止。事故原因の調査では、操縦特性増強システム(MCAS)が誤動作を起こした可能性があることが明らかになった。

2019年12月、ボーイングは737 MAX機の生産を2020年1月から一時停止することを決定した。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала