ロシア外務省は調査要請:米ミネアポリスで警官がスプートニク通信特派員に催涙スプレー

ロシア外務省は、米ミネアポリスで現地警察官がスプートニク通信特派員の顔に催涙スプレーを噴射したことについて、不当な残虐行為であるという見解を示した。

ロシア外務省は、報道関係者がその職務遂行にあたり、治安当局者から攻撃対象となるのは許されないことであり、また報道関係者の安全と円滑な活動を保障する国際的ルールがあると注意を促した。外務省では今回の事件の調査を要請している。

被害にあった特派員が所属する国際通信社「ロシア・セヴォードニャ(ロシアの今日)」も同じく、米当局に事件の調査を求めた。

これより前、米ミネアポリスの警察が現地暴動を取材していた報道関係者(VICEテレビ撮影クルーのメンバーおよびミハイル・トルギエフ特派員)に催涙スプレーを使用したことが報道された。この2名に催涙スプレーが使用された時点では、抗議者はすでに一掃されていた。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала