トランプ大統領一家 地下壕に避難 ホワイトハウス外の抗議活動を受け

米ドナルド・トランプ大統領は、米ホワイトハウスの外で発生した抗議デモを受け5月30日夜、ワシントンの地下壕に避難した。

米CNNによると、トランプ大統領が地下壕で過ごしたのは約1時間。メラニア夫人や息子のバロンさんも地下壕に避難していたという。

ニューヨーク・タイムズによると、トランプ大統領はホワイトハウス付近での抗議活動を「予期」していなかった。外では何百人ものデモ隊がホワイトハウスに突進し、警官隊とシークレットサービスが侵入を阻止していた。レンガや瓶が警官隊に投げつけられ、警官隊は催涙スプレーで対応した。

同紙によると、シークレットサービスには、ホワイトハウスの建物が脅威にさらされている場合に大統領を守るためのマニュアルがある。ホワイトハウスは、トランプ大統領が本当に地下壕に避難したかどうかの回答を拒否。大統領の安全に関する決定にコメントしないとしている。

2001年9月11日の同時多発テロ事件当日、第43代米大統領ジョージ・W・ブッシュ氏とディック・チェイニー副大統領は地下壕にしばらく避難していたという。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала