NATO 戦勝記念日の前日にバレンツ海で挑発的な演習を実施

© 写真 : Ministry of Defence of the Russian Federationロシア連邦軍参謀本部作戦総局長セルゲイ・ルツコイ中将
ロシア連邦軍参謀本部作戦総局長セルゲイ・ルツコイ中将 - Sputnik 日本
大西洋条約機構(NATO)は対独戦勝記念日(5月9日)の前日に、北極海のバレンツ海で冷戦終結後初の軍事演習を実施し、ロシアの弾道ミサイルへの迎撃を策定していた。ロシアのセルゲイ・ルツコイ参謀本部作戦総局長が明らかにした。

 ルツコイ総局長は、演習時にNATO艦船はロシア領内の標的に対する攻撃も策定していた事実を明らかにしている。

イェンス・ストルテンベルグNATO事務総長 - Sputnik 日本
ロシアとNATO 新型コロナ感染拡大時の軍事演習中止を合意できず
ルツコイ総局長は、「米国側はこれらの艦船がバレンツ海へ入ることについて演習開始直前に通知したとはいえ、こうした行為はロシア側には煽動とみなされる」と指摘した。

また、ルツコイ総局長は、NATO軍のロシア国境での演習回数は新型コロナウイルスのパンデミックにも関わらず増えていると強調。同総局長によれば、ロシアは、2020年はNATO境界線付近での演習は予定しておらず、欧州での緊張緩和政策を継続している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала