米抗議活動でジャーナリストへの暴行300件以上=人権保護団体

© Sputnik / Brian Smith / フォトバンクに移行

 - Sputnik 日本
アフリカ系米国人ジョージ・フロイドさんの暴行死を受けて抗議活動が続く米国では、抗議活動の取材中にジャーナリストらが警官に暴行を受ける事件が多発しており、被害を受けたジャーナリストは300人以上に達した。USプレス・フリーダム・トラッカーのサイトで明らかになった。

全米に波及した抗議活動では「前例のないほど多くのジャーナリストら」が警官による暴行や不当な拘束を受けたほか、取材を妨害されたとして問題となっている。

USプレス・フリーダム・トラッカーは全米60都市で300件以上の暴行事件が起こったとしている。

ジョー・バイデン氏 米国人の15%は「あまり良くない人々」 - Sputnik 日本
ジョー・バイデン氏 米国人の15%は「あまり良くない人々」

先にスプートニク通信のプロデューサーがワシントンのホワイトハウス付近での抗議行動の取材中に襲撃され、ロシア外務省はジャーナリスト擁護についての国際的な義務に違反する行為として抗議の声明文を発表していた。

また、米司法省のウィリアム・バー長官は特定の国名は挙げなかったものの、「外国による干渉」が行われていると発言した。

これに対しフェイスブックは同社のプラットフォーム上で国外からの干渉や情報操作は行われていないと発表した。フェイスブック社のサイバー セキュリティ政策責任者、ナサニエル・グライヒャー氏がブルームバーグの取材に応じた中で発言した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала