日本のGDP年2.2%減に上方修正

© AP Photo / Shizuo Kambayashi資料写真
資料写真 - Sputnik 日本
日本の内閣府が8日発表した2020年1~3月期の国内総生産(GDP)2次速報値は、年率換算で2.2%減となり、1次速報の3.4%減から上方修正された。

日本のマスコミによると、企業の設備投資が前期比0.5%減から1.9%増に転じたことが上方修正の主な要因。再開発や街づくりなどの計画に基づく投資、倉庫などの物流関係、ソフトウエア投資が底堅く、設備投資がプラスになったという。

2019年度の実質GDPは、1次速報の前年比0.1%減から0.0%増に小幅上方修正された。朝日新聞によると、西村康稔経済再生相は記者会見で「ゼロ近傍の成長率に変わりはないが、消費増税や大型台風、新型コロナウイルスの影響があるなかで、この水準が維持できた。我が国の地力には底堅いものがあると考えている」と述べた。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала