八王子の男子高校生が自殺 拳銃を使用か

8日午前、東京都八王子市の男子高校生(15)が拳銃のようなものを使い自殺をはかった可能性があることが判明した。少年は搬送先の病院で死亡が確認された。NHKが報じた。

警視庁によると、自殺を図ったのはこの家に住む高校1年生の少年で、頭から血を流して倒れてるのを発見された。母親がパーンという音を聞き、2階に上がったところ少年が倒れてるのを見つけた。少年の左頭部から右頭部にかけて弾が貫通した跡があり、少年のいた部屋に回転式の拳銃が落ちていたという。

新型コロナウイルス - Sputnik 日本
「富士レビオ」、新型コロナ抗原検査キット増産へ 東芝と日立が参画
少年は通信制の学校に通い、週に3日は登校することになっていた。、新型コロナウイルスの影響で授業が休止となったいたが、6月1日から学校は再開され、少年は出席したが、その後は来ておらず、8日の登校日も学校を訪れていなかった。

警視庁は拳銃のようなものをどのように入手したのかなど、詳しい状況を調べている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала