登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

キアヌ・リーブス 『マトリックス4』の出演に同意した理由を語る

© AP Photo / Chris Pizzelloキアヌ・リーブス
キアヌ・リーブス - Sputnik 日本
フォローする
今までに3作が公開され、4作目が作られることになった大人気SF映画『マトリックス』。その主要キャラクターを演じるキアヌ・リーブスさんとキャリー=アン・モスさんは、多くの観客は3作目がシリーズ最後の作品だと受け止めていたにも関わらず、4作目の出演に同意した理由を映画誌「エンパイア」のインタビューで語った。

観客のみならずリーブスさんらも、ラナ・ウォシャウスキー監督が(妹のリリー氏もこれまでの3作の監督を担当)続編となる4作目を撮影するつもりでいることに驚いたという。

トリニティ役のキャリーさんは「続編が実現するとは思っていなかったし、想像もしていませんでした」と語っている。再出演の決め手は、ウォシャウスキー氏が書いた脚本だったと強調している。

ニューラルネットワークが映画『マトリックス』を書き換え 天才ハッカー・ネオがもし別の薬を選んでいたら? - Sputnik 日本
ニューラルネットワークが映画『マトリックス』を書き換え 天才ハッカー・ネオがもし別の薬を選んでいたら?
キャリーさんはその脚本について、「脚本を見せてもらった時、その信じられないほどの深みと完成度の高さ、そして高い芸術性に、私はラナに『これは(私と観客にとって)本物のプレゼントよ』と言いました。脚本は本当に素晴らしいですよ」と語っている。

リーブスさんも脚本を絶賛し、4作目がシリーズの第1作目と同様、今の時代に沿う作品になると力説した。

リーブスさんは「ラナ・ウォシャウスキーは、素晴らしい脚本を書いてくれたし、ストーリーもとてもよくて、共感できるものでした。それだけが私が再出演を決めた理由です。ラナとまた一緒に仕事ができるのは光栄です」と語っている。

そしてリーブスさんは最後に「この4作目で、私たちはそろって自分にとっての大切な何かを見つけることができると思います」と締め括った。

関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала