登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

テスラ社の中国サプライヤー 200万キロメートル可動可能なバッテリーを開発

© Sputnik / Irina Kalashnikova / フォトバンクに移行テスラ モデルX
テスラ モデルX - Sputnik 日本
フォローする
中国の大手バッテリーメーカー「寧徳時代新能源科技」社(CATL)が、主たる産業分野の問題を解決する抜本的に新しいバッテリーを開発した。同社は、自動車メーカーのテスラ社のサプライヤーでもある。ブルームバーグが同社のゼング・ユークーウン代表を引用し報じた。

CATL社は期間16年、最大200万キロの稼働が可能なバッテリーの生産を行う。これは既存のデバイスの保障の2倍となるが、現在はわずか15万キロメートしか稼働できない。

新しいバッテリーの価格は現在のわずか1割増し。

こうした特徴は電気自動車の開発にとって大幅な簡素化とコスト削減を生む。長期に渡り、まさにバッテリーがこの種の交通機関の弱点であった。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала